読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Little Lucy series

 Little Lucy: Step 3 (Step into Reading)  [48P]

 Lucyは Quinn家で飼われているビーグルの子犬です。今日は Quinn家みんなで車に乗って湖へお出かけです。いつも元気いっぱいの Lucyですが、初めてみる湖に戸惑います。それを見たお母さんは Lucyを近くの木につないでおきますが、みんなが目を離している時に、ひもがほどけてしまいます。Lucyはこのチャンスに探検に出かけますが、迷子になってしまいます。Lucyは家族のもとへ戻れるでしょうか?

 

絵が豊富で一文一文が短く読みやすい構成です。絵本と小説の橋渡しくらいの感じ。ただし、使われている単語の中にほんのちょっとだけ難しいものが混じっています。絵の助けを借りながら、話の流れに乗る感じで読み進めてみると、突飛なことは書かれていないので、大体の内容は取れるでしょう。単語ではなく’内容’を読む感じをつかめれば最高です。

 

 

また 'Little Lucy' は Absolutely Lucy #1: Absolutely Lucy (A Stepping Stone Book(TM)) という人気シリーズの姉妹編です。どちらのシリーズも設定などは全く一緒ですが、Absolutely Lucyの方がワンランク難しめです。姉妹編のお姉さんというところでしょうか。

 

 

 

 

Little Lucy Goes to School (Step into Reading)  [48P]

Quinn家はお父さん、お母さん、息子のBobby、そしてビーグルの子犬Lucyで暮らしています。ある日、Bobbyはお弁当を忘れてしまい、お母さんがLucyを連れて学校へお弁当を届けに行きます。ところが事務所でLucyが隙をみて逃げ出してしまいます。Lucyは初めて見る学校が楽しくて仕方ありません。いろいろなところを探検しますが、その度に「犬は学校にいちゃいけないよ」と言われながら追いかけられます。そして最後に逃げ込んだところは・・・。

 

前作と同じく、元気で好奇心一杯の子犬Lucyが活躍するお話です。豊富な絵と、短い文という構成で読みやすいのも、少し難しい単語などがちょっぴり混じっているのも同じです。内容はごくごく普通のことばかりなので、少しくらい英語が分からなくても常識から推測できます。’英語で無く内容を読む’ 感覚をつかむのに最適の1冊だと思います。

 

Ilene Cooper の Little Lucy シリーズ の2冊目です。

元気いっぱいの子犬が学校の中を逃げ回るというお話ですが、このパターンは学校を舞台にした本では結構出てきます。国は違っても起こることや、人のリアクションはほぼ同じで想像しやすいので読みやすいでしょう。皆さんも犬やネコ、鳥などが教室に入り込んできて大騒ぎになったことはありませんか?そんな時のことを思い出しながら読んでみてください。

 

前回と同じくタイトルに (Step into Reading) というのがついていますね。今回はこれについて少しご紹介しておきます。

Step into Reading はアメリカのRANDOM HOUSEという出版社の幼児・子供向けシリーズです。読者が選び易いように本をStep1~Step5の5段階に分類しています。

Step 1 Ready to Read : Preschool-Kindergarten

Step 2 Reading with Help : Grade1

Step 3 Reading on your Own : Grade1-3

Step 4 Reading Paragraphs : Grade2-3

Step 5 Ready for Chapters : Grade2-4

 

ステップ 1 読むための準備をしよう:幼稚園・保育園児

ステップ2 読める人と一緒に読んでみよう:小学1年生

ステップ3 一人で読んでみよう:小学1~3年生

ステップ4 まとまった文章を読んでみよう:小学2~3年生

ステップ5 章になっている本に挑戦してみよう:小学2~4年生

 

今回取り上げた作品は Step3です。ちょっぴり難しい単語や表現が混じるのはこのためなのです。もしこの本が難しすぎると感じたら、Step1,2の中から選んでみるのも一つの方法です。